刺激に敏感な脳を治めるポゼット

男性特有の悩みには様々ありますが、中でも人に知られたくないのが性行為を行う際にネックとなりやすい早漏です。
早漏はパートナーが性的に満足していない状態の時に男性側が刺激に敏感になってしまい早々と射精をしてしまうことを指しています。
現在では、射精時間も平均2分程度の早さでの射精が早漏と呼ばれていて、女性性器への挿入後約1分以内での射精を行ってしまった場合には性的機能障害の1つとして定義されています。
早漏の原因も数々あり、男性性器の刺激に対する過敏が原因であることをはじめ、ストレスなどの精神面が原因の場合も近年増えています。
そこで注目されているのが、ポゼットと呼ばれる早漏治療薬で、刺激に敏感な脳を治めるポゼットとして利用されています。
ポゼットの有効成分には本来は抗うつ剤として使用されているダポキセチンがあります。
SSRIsで治療を行っている方の中に、射精の遅れを指摘する声が多く聞かれている成分であり、その声をもとに早漏治療薬として海外のメーカーが開発しています。
このポゼットには脳の神経伝達物質のセロトニンに働きかける作用があり、セロトニンには快感につなげるドーパミンや精神的ストレスに反応するノルアドレナリンの働き抑えてバランスを保つ作用があります。
有効成分のダポキセチンは、セロトニンが神経終末から再吸収されるのを阻害する働きかけを行って脳内のセロトニンの濃度を高めます。
この作用で、脳が刺激に敏感になり過ぎることを抑制し、交感神経から射精中枢へと刺激が伝わりにくくなり、結果的に早漏予防へと繋げることができます。
さらにポゼットの有効成分やED治療薬の有効成分など、同一有効成分を含んでいるスーパーPフォースも発売されていて、ポゼット同様の作用で早漏を予防してくれます。

↓他にもお勧めなED薬のジェネリック
ED治療ならタダポックス