早漏にポゼットとed薬を使用する判断とは

SEXの悩みで多いEDと早漏は薬で治せる時代です。
塗り薬やスプレーも効果的ですが、最近は飲み薬が主流となりつつあります。
どの薬を服用するのか確かめるためには、医師の診断を受けるのが確実です。
症状を特定してから処方してくれるので、症状にマッチした薬を利用できるのです。

医療機関で検査を受けるのが恥ずかしいという方は、個人輸入で薬を購入している方もいます。
EDを治すためにはed薬を服用するのが確実ですが、早漏の場合は使い分けの判断がやや難しいです。
早漏自体の治療をするためにはポゼットが効果的ですが、EDが早漏の引き金となっているならed薬を服用したほうがいい場合もあります。
ペニスの立ちが悪いようなら、EDも関係していると判断していいでしょう。
自分での判断が難しい場合は、医療機関で検査を受けてから処方をしても大丈夫か確認するといいです。

ポゼットの有効成分はダポキセチンであり、30mg、60mg、90mgの3タイプが販売されています。
個人輸入で入手可能であり、用量により価格は異なりますが、1錠あたり300円未満というリーズナブルなものです。
用量の大きな錠剤は分割して飲めば、コストの削減になります。
ポゼットが十分に作用する用量の範囲で、なるべく少なく抑えておくのです。
効果が十分であれば、用量が少ないほど副作用は弱くなります。
これはポゼットだけでなくed薬にも言えることであり、安易に用量を増やさないほうがいいです。
海外向けに販売されている薬は、外国人の体型を目安に作られています。
最初は半錠に割って飲んでみて、様子を見ながら増減していくのがベストです。
少ない量で飲んでみて相性を確かめてから、今後も続けるかどうか決めてください。
薬には相性があるので、他の方が絶賛しているから自分にも合うとは限りません。