酒を飲んだ後にポゼットを服用した場合の副作用の不安

ポゼットは、男性向けの早漏を改善するための治療薬で、従来のスプレーやクリームを塗るタイプと違い、経口摂取を行なうことで改善させる特徴があります。ポゼットでは、射精の指令を出すための脳の自律神経の働きを鈍らせることで、射精のタイミングをずらして遅らせることが可能です。

その効果は、射精に至るまで3~5倍程度の時間を遅らせることが出来るとされます。つまり、ポゼットは服用するだけで自然に早漏に対しての治療を行なうことが出来ることで、老若を問わず人気が高い商品として知られています。

なお副作用には、顔のほてりや頭痛、動悸、血圧低下などがあり、その他に視覚障害、鼻づまり、下痢、不眠などの症状を引き起こす可能性があります。特に心不全などの心臓疾患をお持ちの方やその不安がある人は服用を控えることが肝要です。

また血液に関する病気をお持ちの方やうつ病の治療薬を飲んでいる方などは、ポゼットの効用に直接的に干渉することもあるため、服用を慎むべきです。しかもお酒を飲んだ後にポゼットを服用すると効き目が早くなってしまい、場合によってはめまいや眠気、失神などの症状を引き起こすこともあります。

そのため、お酒を飲んだ後は服用することを控え、特に心臓や血液の病気などに不安がある人は服用を控えるべきです。万が一、お酒を飲んだ後であれば、体からアルコール度が抜けて酔いが完全に醒めてからの状態での服用を行います。

服用することで気分が悪くなったり、過去にその副作用が顕著に出た不安がある人は、服用自体を控えるか、医師の診断を受けてから服用を行なうことが必要です。なお使用方法は、一日一錠までを限度として錠剤をピルカッターで半分に割ってから半分ずつ摂取していくと良いです。

一度、服用した後には最低2時間空けて後、また服用を行っていきます。